2017/02/16
【シャトー・ラバル(ガスコーニュ)】
仏で最も歴史の古いアルコール=アルマニャック,しかも最良の“バ・アルマニャック”で造られるシャトー・ラバルのワインが新たにお目見え。酸化鉄と海洋性の堆積物に富む“サーブル・フォーヴ”という特異なテロワールに由来するワインは,ミシュラン星付でもオン・リストされており,リーズナブルながら,確かな酒質を備えています。RVF6月号の特集《シュッド・ウエストで最も成功したキュヴェ》に選出された“。ムッシュ”,必飲の“レザン・ヴォレ”を含む全7アイテムが揃いました。この続きはこちらまで。
2017/02/03
【ポデーレ・モナステロ(トスカーナ)】
イタリア版ラフィットこと,ロッカ・ディ・フラッシネッロの醸造長,アレッサンドロ・チェライのプライヴェート・ワイナリー,ポデーレ・モナステロより,ロマネ・コンティの苗木と同じ777クローンのピノ・ネロ100%によるウルトラ・モダンな“ラ・ピネタ(完売)”,そしてラフィットを彷彿とさせる重厚なボルドー・タイプの“カンパナイオ”が入荷!2015VTで10周年を迎えたモナステロでは,これを記念して10年記念特別ラベル(ラ・ピネタのみ)をデザイン。この10年で最高の仕上がりになるだろうと期待されるヴィンテージです。ご期待下さい。 。この続きはこちらまで。