HOME >> 生産者情報 >> シャトー・パラディ(フランス/プロヴァンス地方) 
↓INDEX↓
◆ドメーヌの歴史◆
--------------------
◆栽培について◆
--------------------
◆ドメーヌの立地と
テロワールついて◆
--------------------
◆白ワインとロゼワインの
醸造について◆
--------------------
◆赤ワインの
醸造について◆
--------------------
◆各キュヴェの詳細◆
--------------------
◆各誌の評価◆
--------------------
--------------------

『アシェット・ワイン・ガイド 2021年版』掲載のコメント
コトー・デクサン・プロヴァンスのはるか北にある、モール山塊の向かいに位置するこの80 ヘクタールのドメーヌは、2011 年からグザヴィエとオディール・ティブランが所有している。

◆2019 シャトー・パラディ 白 一つ星★
ロール(60%)とソーヴィニョンのブレンドにより、表現力豊かな白ワインが造られる。スズランやカシス、イチゴのエレガントで独創的な香りを感じる。味わいは緊張感があり、フィニッシュに放たれるヨードのニュアンスや上質な苦味で飾られた、花や果実の素晴らしいバリエーション。興味をそそるワイン。








『デュセール=ジェルベ 2015年版』掲載のコメント
プロヴァンス,コルス部門
<プルミエ・グラン・ヴァン・クラッセ>に格付け>
◆2013 シャトー・パラディ ロゼ
グルナッシュ・ノワール,カベルネ・ソーヴィニヨン,シラーの混醸。バラ,そして繊細かつ熟れたノートが口いっぱいに広がる。軽くスパイスの効いた料理に理想的。






『ギド・デ・ヴァン・ベターヌ+ドゥソーヴ 2015年版』掲載のコメント
シャトー・パラディ・シリーズは,2013年以降リリースされたロゼ及び赤の2011年物から,テール・デ・ザンジュ・シリーズよりフレッシュになっている。

◆2010 シャトー・パラディ 赤 & テール・デ・ザンジュ 赤
カベルネ・ソーヴィニヨンの力強さが,グルナッシュの果実味の心地よさとシラーのスパイシーさに交じり合う。









『ギド・デ・ボンヌ・ザフェール・デュ・ヴァン 2015年版』掲載のコメント
◆2010 シャトー・パラディ 赤
カベルネ・ソーヴィニヨン,グルナッシュ,シラーの3品種混醸の赤。凝縮感のある高い色調。丹念に仕上げられたタンニンと,煮詰めたような芳香が詰め込まれた万人に好まれる赤。





『ル・ギド・デ・ヴァン・ド・フランス/2013年版』掲載のコメント
石灰,粘土,砂質で構成された丘陵に位置するリュット・レゾネのドメーヌ。赤ワインに関しては,カベルネ・ソーヴィニョンの力強さとグルナッシュの果実味,シラーのスパイス感が至福に混じり合っている。神聖なテール・デ・ザンジュを含め、ドメーヌでは全てのキュヴェがデギュスタッション(試飲)できる。

◆2010 テール・デ・ザンジュ 赤
黒オリーヴのアクセントがきいた、美しく深いタンニンが楽しめる。

◆2009 テール・デ・ザンジュ 赤
フレッシュな木の実のフローラルな香りで、タンニンや余韻には緻密さがある。

◆2010 シャトー・パラディ 赤
柔らかくスパイシーで抽出の正確さがわかるワイン。繊細さがある。

↑画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。↑
シャトー・パラディでは,2006年から夏のヴァンカンスの時期に敷地内でコンサートを行っている。2012年はジェームス・ブラウン,ニナ・アタル,FMラエティが参加し,3日間で千人以上の観客が集まった。この他にも野外オペラや,食事付ワイナリー見学,クリスマス・マーケットの「マルシェ・ド・ノエル」なとが開催され,一年を通じて地元のフェスティバルやイベントの会場として活用されている。



Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.