HOME >> 生産者情報 >> ドメーヌ・リュシアン・クロシェ(フランス/ロワール地方) 

↓INDEX↓
ドメーヌ概要
--------------------
白およびロゼワインの
醸造について
--------------------
赤ワインの醸造について
--------------------
ベタンヌ&ドゥソーヴ
掲載のコメント
--------------------
各キュヴェの詳細
◆ドメーヌ概要◆

 サンセールを代表する造り手であるリュシアン・クロシェはビュエ/Bue村に本拠を置き、200年、5世代に亘って代々ワインを造ってきました。現在、AOCサンセール域内のビュエ、サンセール/Sancerre、クレザンシィ/Crezancy、ヴィノン/Vinonの優良なコミューンに35ヘクタールの葡萄畑を所有し、当主リュシアン/Lucienと彼の息子でドメーヌの醸造責任者を務めるジル/Gille、妻のローランス/Laurenceが葡萄栽培とワイン醸造を行っています。ジルはディジョン(現ブルゴーニュ)大学で醸造学を修めた後、ブルゴーニュのモレィ・サン・ドゥニのドメーヌ・デュジャックで研鑽を積み、その後1983年に家業に参画しました。畑の26ヘクタールでソーヴィニョンを、9ヘクタールでピノ・ノワールを栽培しています。植樹比率は古い樹で6600本/ha、新しい樹で8700本/haです。土壌は粘土石灰質の岩から成り、畑は東、南、西向きの傾斜に位置、標高は240〜280メートルです。
 ドメーヌが生み出すサンセールのスタイルは至って現代的です。フレッシュ&フルーティーなワインを産むことで知られ、立地条件に恵まれた畑を所有していることはもとより、葡萄の成熟状況を見計らい、さらに慎重に収穫は全て手摘みで行い、同時に選果作業にも厳しい姿勢で臨んでいます。代々伝えられる醸造技術に加え、近年近代的な設備を整え、品質を重視したワイン造りに拘っています。ワインの醸造技術を向上させることは大事ですが、質の良い葡萄を栽培し、さらに葡萄の質を見極めることが、すなわち良いワインを産むことに繋がると考えています。畑で良い仕事を行い、良い葡萄を育む姿に、本来あるべきヴィニュロンの姿勢を伺うことができます。

白およびロゼ・ワインの醸造について
 収穫した葡萄は直ちに空気圧圧搾機で圧搾。18-48時間かけて低温でデブルバージュ(澱下げ)を行い、その後、温度調節機能付きのステンレス・タンクで発酵を行う。発酵終了後、引き続きステンレス・タンクで熟成を行い、収穫翌年の7-9月にかけて瓶詰め。マロラクティック発酵は行わない。

赤ワインの醸造について
 収穫した葡萄のうち、80%を除梗。発酵期間は15-20日間で、50%が新樽、40%は1年樽、残りの10%はタンクで行う。新樽はアリエ産のものとベルトランジェ産の2種類の樽で、16-18ヶ月間寝かせたキュヴェをアッサンブラージュし、清澄、及び軽くフィルターにかけた後、さらにアッサンブラージュされる。

◆ワインの詳細◆
Sancerre Le Chene Marchand AOC, Blanc
/サンセール ル・シェーヌ・マルシャン 白 2017 ==>> 詳細はこちら
Sancerre AOC, Blanc/サンセール 白 2017 ==>> 詳細はこちら
Sancerre Cuvee Prestige AOC, Blanc
/サンセール キュヴェ・プレスティージュ 白 2017 ==>> 詳細はこちら
Sancerre AOC, Rose/サンセール ロゼ 2020 ==>> 詳細はこちら
Sancerre La Croix du Roy AOC, Rouge
/サンセール ラ・クロワ・デュ・ロワ 赤 2017 ==>> 詳細はこちら
Sancerre Cuvee Prestige AOC, Rouge
/サンセール キュヴェ・プレスティージュ 赤 2012 ==>> 詳細はこちら
Sancerre Les Calcaires, Blanc
/サンセール レ・カルケール 白 2018 ==>> 詳細はこちら

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.